『満天☆青空レストラン』でグラスフェッドバターが紹介されました!岩手県岩泉町の【なかほら牧場】


なかほら牧場とは◆

なかほら牧場は、岩手県岩泉町の山の中。
365日の通年昼夜放牧で乳牛を育て、牧場内で製品をつくっています。
市販の牛乳も放牧のイメージがあるかもしれませんが、
広い北海道でも放牧は全体の7%ほど(しかも夏季だけ)、本州に至っては数軒しか放牧されていません。
そんな貴重な放牧の中でもとくにかわった『山地(やまち)酪農』というやり方で放牧を行っているのが、なかほら牧場。
一年を通じて昼も夜も山に牛を放ち、在来種の野シバを主体として、その土地の植生で牛を育てています。
一般的な放牧に使われているのは施肥を必要とする外来種の『牧草』ですが、山地酪農では山に牛を放牧し、
肥料のいらない野シバ・野草・木の葉・クマザサを食べさせるのです。
野シバは広葉樹に匹敵する保水力があり、集中豪雨があっても崩れないつよい山になります。
山地酪農は、牛にも山にもやさしい循環スタイルの牧場といえます。


▼ご当地牛乳グランプリ最高金賞受賞▼
食のプロが集まる総合食品展示会『FOODEX JAPAN 2013』で開催された『ご当地牛乳グランプリ』で『最高金賞』を受賞。
ほかにも料理のプロ向け雑誌『料理王国』の『料理王国100選2017 優秀賞』、
『フード・アクション ニッポン アワード 2015 商品部門農林水産業分野の優秀賞』など、多くの受賞歴があります。

▼健康を気遣う方や子育て世代にオススメ▼
通年昼夜放牧で、無農薬・無施肥のケミカルフリーな野シバや山野草、木の葉などを食べて育った牛たちのミルクは、
オーガニックや自然栽培などを選ぶ人たちから支持されています。
また、牧場内で製造した製品は化学的添加物を一切使用していないため、
妊娠中・授乳中のお母さんからお年寄りまで、みんな安心です。






ご当地牛乳グランプリ最高金賞受賞!昼夜自然放牧の【なかほら牧場】